ガーナの首都アクラの歩き方。アクラ事情あれこれ。

ガーナ共和国首都アクラ-アフリカ旅行・観光- ガーナ

4.ガーナの首都【公共の交通機関事情】

首都アクラを移動するにはどうするのがよいでしょうか。

一気に見ていきましょう。

4-1タクシー

オススメの移動はタクシー

ガーナのタクシーは完全交渉で値段が決まるので、交渉するのに手間がかかったり、相場感がわからないので、最初戸惑うかもしれませんが、一番安心して使える交通手段だと思います。

タクシーに乗ること自体は危険ではないので、移動の際にはぜひ使ってみるといいでしょう

 

大体の相場ですが、

数分の距離:10セディ前後

10分程度の移動:20セディ前後

のイメージです。参考にしてみてください。

 

4-2トロトロ

ガーナで一番主流で安価な交通手段はトロトロです。(乗り合いバスです!)

ガーナ共和国首都アクラ

 

コストを抑えたい方や、ガーナのリアルな文化を知りたい方にはぜひ乗ってみて欲しいのですが、トロトロの路線図はまったく整備されておらず、初心者にとってはどこに向かうバスなのか全くわからないと思うので、オススメしません

トロトロに乗ること自体は危なくないのですが、どこへ向かうのかを把握するのがとても大変なので、トロトロに乗る場合は信頼できるガーナ人や、ガーナに詳しい人とまず一緒に乗ることをオススメいたします。

4-3バイクタクシー

ガーナではバイクタクシーも活用されています。

現地の人たちを見ると、2,3人は当たり前、子供も含めて4,5,人で1台のバイクにのっていたりしますが、首都アクラではバイクタクシーは危ないのでそこまで主流ではありません。

何度も言いますが、ガーナで一番死亡率が高いのは、交通事故ですバイクタクシーはよっぽどのことがない限り使わないほうがいいでしょう

4-4Uber

首都アクラで使えるUber。断然オススメです。アプリダウンロードしておきましょう!

ガーナ国内では首都のアクラだけですが、Uberを気軽に使うことができます。

アプリが料金を決めてくれるのでぼったくられる心配もなし!Uberに登録しているタクシーは綺麗で、クーラーもついている!タクシーの運転手もレビューされることをわかっているので、きちんとしたサービスを提供してくれる!と、悪いとこが見当たりません。

Uberのタクシーが車で待たないといけなかったり、タイミングが合わず配車の手配ができないこともあるのが唯一のデメリットでしょうか。

 4-5.電車

実は首都のアクラには電車が走っているのです。

昔はアクラ周辺に電車が通っていたのですが、現在は、テマ-マコラマーケットの短い距離だけ電車が走っています。運賃もとても安く1-2セディで乗車が可能です。ですが、1日朝と夕方の2本しか運行していないので、タイミングがあれば観光がてらに乗ってみるのもいいまもしれません。

 

首都アクラの電車

 

5.ガーナの首都【治安事情】

人がたくさん集まる場所では、犯罪も多くなるのはしかたがないのか、ガーナの首都アクラでもたくさんの犯罪が起ります。アフリカの中でも安全なガーナですが、首都アクラでは十分に注意してください。

ここでは、首都アクラでよく起こる犯罪の事例を紹介いたします。

5-1ひったくり

日本でもたまに聞くひったくり。もちろんガーナでも頻繁にあります。

特に都市部では人も多く、ゴミゴミしているので頻繁に起こっています。バイクに乗って背後から荷物をひったくる手口が多いので、道沿いを歩くときは、しっかり歩道側にカバンを持って歩きましょう

5-2強盗

都市部では多い強盗。

拳銃を突きつけられて、金品を脅し取られる事件も起こっています。外国人である私たちは完全に彼らのターゲットになるので、お金を持ってなさそうな格好をするのはもちろん、身の回りには最新の注意を払って行動することが大切です

拳銃をつきつけられる事件も起こるガーナ。治安がいいとはいえ、油断してはいけません!

5-3空き巣

こちらもよくある犯罪の一つ。

ガーナを歩いていると気づくかもしれませんが、家の前にガードマンがいたり、玄関や窓にはバーグラー(鉄格子)をつけている家がほとんどです。ガーナの空き巣の多さがうかがえる光景ですね。一瞬目を離しただけで荷物が盗まれることもあるので、気をつけてくさい

5-4恐喝

日本人である私たちは格好の的になります。

ナイフを突きつけられたり、拳銃を突きつけられたり。。実際に斬りかかられたり、拳銃を発砲されるケースもあるので、絶対に抵抗しないでください。

命あっての人生です。

5-5詐欺

日本と違って商品に定価がなかったり、価格も交渉次第な文化も多いので、地元の知識がない私たちは騙されやすいということをまず頭に入れておいてください。現地の相場感や文化をわかっていない私たちは格好のターゲットなのです。

「商品を少し高い値段で売られた。」なんてのはまだ可愛い方で、

「重い病気にかかっていて、一刻も早く病院で注射を打たないと死んでしまうんだ。。すぐ返すからお金を貸してくれないか。。」

など、情に訴えかけてくる詐欺も横行しています。

心の優しい人ほど騙されてしまうので、見知らぬ人の話にはのらないように注意しましょう

5-6テロ

世界的にテロのリスクは高まっていますが、ここガーナでも同じです

日本にいると、テロのニュースは聞くものの、どこか自分ごとかしにくかったりもしますが、確実に日本よりテロのリスクが高いので気をつけてください。人の集まるショッピングモール、ナイトクラブ、レストランなどがテロの対象となりやすいので、不審な動きや気配を感じたら注意が必要です。事件が起こったら、一刻も早くその場からできるだけ遠くへ逃げましょう。

 

 

最後はアクラの物価事情です!!