ガーナの治安って実際どうなの?【ガーナ在住歴2年以上の実体験】

ガーナの治安-アフリカ旅行・観光- ガーナ

3.地域で比較するガーナの治安

ガーナの治安も地域によって様々です。

ヒトモノカネが集まる都市部ではどうしても凶悪な犯罪が起こりがちです。それは、ガーナだけでなく日本も一緒ですよね。

今回は、地域別にガーナの治安を見ていきたいと思います。

 

 3-1ガーナの首都アクラの治安って

凶悪犯罪が一番多いのは首都アクラ

多くのヒトモノカネが集まるのでしかたがない部分もあるのですが、残念ならガーナ滞在中は特に気をつけて行動しないといけない場所です。

前項であげた、ひったくり、強盗、恐喝などの凶悪犯罪はアクラ中心に起こるケースがとても多いです。

 

1人で裏路地を歩いたり、お金を持ってそうな格好で歩き回るのはおすすめいたしません

最新の注意をはらって行動しましょう!

 

 3-2ガーナ第2の都市クマシの治安は?

アクラももちろんですが、クマシも治安はよくないので気をつけましょう。

旧都であるアシャンティ王国のあったクマシ。ガーナの中でも気性の荒い人が多い印象です。

ぐいぐい話しかけてきたり、罵声を飛ばしてきたりするので、圧倒されないように注意しましょう。

 

クマシにあるマーケットはとても広く、人もかなり多いです。

人混みを歩いていたらいつの間にか財布がなくなっていた。携帯が取られた。などよく聞くので、

持ち物には気をつけて歩きましょう

 

 3-3タマレはガーナの中で治安はいいの?

第3の都市であるタマレも、治安のよいガーナとはいえ注意が必要です。

アクラ同様、拳銃を使った恐喝事件なども起こっています。

 

基本的に、ガーナの北部の人たちは優しい人が多いと言いますが、都会のタマレにはいろんな人が集まっているので、何が起こるかわかりません

 

 3-4ガーナの農村部の治安は?

ガーナの農村部の治安についてもご紹介したいと思います。

都市部に比べると基本的には平和です。日本と一緒ですね。凶悪犯罪などはあまり聞いたことがありませんが、地方には地方の危険も潜んでいます。

これはガーナ人同士の揉め事ですが、ひどいことをしたガーナ人を村人全員で襲いかかり、なぐり殺してしまう事件も実施に私がガーナに住んでいた時期に起こったりしました。

ガーナの地方は、地方独自の政治がなりたっているので、地域でなにかまずいことをすると、全員を敵に回すことになります

 

人としてちゃんと礼儀正しくガーナ人に接していれば、まず大丈夫だとは思いますが、なにか怪しい動きがあれば十分注意しましょう。

 

4.歩き方からガーナの治安を考える

ガーナを歩くときは、ガーナの歩き方があります

普段、日本ではほとんど気にすることはないと思いますが、とても重要なのでしっかりチェックしておいてください。

 

 4-1車線は選ぶ【ルールから見るガーナの治安】

道路を歩くときは、歩く車道を選びましょう

ガーナは日本と違って、左車線です。 車やバイクは左側の道を通っています。

 

日本にいる私たちは、歩くときの車道を選ぶことなどほとんどないですが、ここはガーナ。

ひったくりの被害を避けるためにも、歩く車道はしっかり選びましょう!

 

背後からバイクや車がこないように、車道の右側を歩く

カバンなどは道路側に出さない

ということを徹底していれば、犯罪被害にあう可能性を少なくすることができます。

 

 

小さなことですが、犯罪にまきこまれないように気をつけましょう。

 

 4-2周囲に気をつける【ルールから見るガーナの治安】

車線を選ぶのと同様、常に背後には気をつけておきましょう。

リュックなどを背をっていると、いつのまにかチャックを開けられて中身を取られる。なんてこともよく起こります

 

リックを背負う場合は、背中ではなく、腹側で抱えるようにして持つとこういった犯罪に会う可能性も減ります

また、あるガーナ人と話している隙に、他のガーナ人がものを盗むなどのケースもよくあります。

タクシー乗車中、タクシーの運転手と話している間に、空いている窓の外からカバンを盗まれる。

など、連携プレーで窃盗をするケースもあるので、周りには常に目を配りましょう。

 

最後にガーナの交通機関の治安状況をみていきましょう!