ガーナと日本の時差ってどのくらい?

ガーナの時差-アフリカ旅行・観光- ガーナ

「アフリカのガーナの位置は?」と聞かれて答えれる日本人は少ないとは思いますがまだいてもおかしくないでしょう。では、「ガーナと日本の時差は?」と聞かれて答えれる人はどのくらいいるのでしょうか?

 

実際にガーナに住んだことがあったり、渡航したことのある人しかなかなか知る機会がないと思います。今回は、ガーナと日本の時差を紹介いたします。

 

1.日本とガーナの時差

極東のアジアと呼ばれる日本と、赤道直下付近、西アフリカに位置するガーナとの時差はどのくらいあるのでしょうか?

ガーナでも世界共通の協定世界時を採用しています

 

 1-1ガーナとの時差

9時間。

 

日本の方がガーナより9時間早いです。

 

 

 1-2日本時間からガーナ時間へ【時差の計算方法】

日本の方が9時間早いので、

 

日本のお昼12時=ガーナの朝3時。

日本の夜21時=ガーナのお昼12時。

日本の朝5時=日本の1日前のガーナの夜20時

 

日本時間から9時間引いた時間がガーナ時刻になります。

 

 1-3ガーナ時間から日本時間へ【時差の計算方法】

ガーナの方が9時間遅いので、

 

ガーナの朝9時=日本の18時

ガーナの夜21時=ガーナの1日後の日本朝6時

ガーナのお昼12時=日本の夜21時

 

ガーナ時間から9時間足した時間が日本時刻になります。

 

2.ガーナで時差ボケ

ガーナ渡航の際は9時間の時差があるので、時差ボケを感じる人が多いのではないでしょうか。

日本と環境がまったく違うガーナですので、体調管理には十分気をつけてください。

 

ガーナは日本と違ってかなり暑く、生活をしているだけで体力を奪われてしまします

熱中症も頻繁にあるので、時差ボケでしんどい時は無理をせず体調管理をしっかり行うことをおすすめいたします。

 

また、ガーナから日本に帰国する時にも、9時間の時差と環境の変化に体がついていかないことも多くございますので、日本に帰る!ということで油断せず、時差ボケで疲れていることも考えて行動しましょう!

 

3.日本とガーナの時差まとめ

時差は9時間。

 

日本の方がガーナより9時間早い。

ガーナの方が日本より9時間遅い。

 

わかっていても時差の計算は意外とこんがらがってしまうので、「日本の方が9時間早い!」と覚えておきましょう!