ナイジェリアの首都アブジャはどんな都市?

ナイジェリアの首都アブジャ-アフリカ旅行・観光- ナイジェリア

ナイジェリアの首都アブジャ。一言にアブジャといってもとても広くいろんな場所があります。2ヶ月アブジャを動き回った経験から、アブジャをご紹介していきたいと思います。

1.首都アブジャという都市はどんなところ?

アブジャ=ナイジェリアの政治の中心地

1991年にラゴスからアブジャに首都が移転しました。中心部はとても綺麗です。道路も非常によく整備されているので、ここは本当にアフリカなのか?と思ってしまうほどよくオーガナイズされています。(さすがドイツの建設会社です!)

ナイジェリアの首都アブジャ

人口増加も著しいです。

今現在は、アブジャより人口の多い都市はナイジェリア国内にたくさんあります。とはいえ、首都になったことでどんどん人口が増えていっているのが現状です。

ナイジェリアの首都アブジャ

 

宗教的には、キリスト教、イスラム教が大半を占めています。街の中には、教会やモスクをたくさん見ることができます。宗教だけでなく、多数の民族で構成されているのがナイジェリア。一応372種の民族がいるとのこと。。首都になる前のアブジャは、グワリ(Gewari)という民族がもともは主流だったとのことですが、今はいろんな民族で構成されています。

基本的に英語でのコミュニケーションですが、

「お前は何語(どの部族の言葉)を喋るんだ?」

というコミュニケーションをナイジェリア人同士でとっているシーンをよく見かけます。

ナイジェリア国内だけでも、いろんな宗教、民族、価値観の人たちが集まるアブジャ。そんなアブジャですが、エリアごとにまったく違った雰囲気を味わうことができます。

 

2.アブジャの中心部(リングロード内)

空港から約40分。

とても綺麗な道路を走るとアブジャの中心部に到着します。地図を見ていただくとわかるのですが、アブジャの中心部は大きく2つの道路によって円形に囲まれています。内側の円を、第1リングロード、外側を第2リングロードと呼んでいます。

 

 

中心部は、有名なホテル、スーパーマーケット、レストラン、クラブなどがたくさん。企業のオフィスや政治的な機能も中心部に集約されています。中心部の西側にはジャビ湖(Jabi Lake)があり、周辺にはおしゃれなレストランやショッピングセンターがあるのでおすすめ。

ナイジェリアの首都アブジャ

 

3.アブジャの郊外(リングロード外)

中心部を離れた郊外には、住宅地が複数あります。

郊外の住宅地はいわいるザ・アフリカンタウン!アフリカのローカルカルチャーや雰囲気を味わうことができます。

ナイジェリアの首都アブジャ

私は、グワリンパ(Gwarinpa)の近くにあるクブワ(Kubwa)に2ヶ月間滞在していました。アフリカンローカルな雰囲気がとてもよく、ローカルのバー、クラブ、レストランはとても面白かったです。

ナイジェリアの首都アブジャ

 

さらに北西に進むと、独特の形をしたズマロックまでアクセスすることも可能です。

とはいえ、JICA、大使館などの日本人関係者は、リングロード外に出るときは警官を帯同させるとのことで、訪れる際には十分注意が必要です。

 

4.ナイジェリアの首都アブジャはどんな都市?まとめ

近年首都になったこともあり、とてもよく整備されていて綺麗な街です。中心部は、他の先進国とそこまで変わらないサービスを受けることができます。初めてナイジェリアを訪れるにはとてもいい環境なのではないでしょうか。

アフリカによくある交通のストレスもあまり感じません。とはいえ、人口もどんどん増えているとのことなので、今後どうなっていくのかはわかりませんが。。

これといった観光名所などはないのですが、アフリカ大陸を牽引するエンターテイメント(音楽、ダンス)を味わうことができる場所がたくさんありますよ!